ケアプロストの効果

 

薬局やウェブサイトなどでは数多くのまつ毛美容液が販売されていますが、あまり効果がぱっとしないものが多いです。 それは医薬品として許可されていない商品が大半であり、臨床実験によるデータも少ないため効果があるのかわからない商品がほとんどだからなのです。

 

しかしケアプロストはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)で「まつ毛の成長を促進し、濃く長くする効果がある」と許可されたジェネリック医薬品です。FDAとは日本でいう厚生労働省のような機関で、国が効果を立証しているということになるのです。

 

ケアプロストはもともと緑内障患者の眼圧を下げることを目的として処方されていた薬ですが、ビマトプロストという有効成分がまつ毛の成長を促進することがわかりました。

 

ビマトプロストの主な働き

  • 毛周期の間でも成長期を延長させ、まつ毛を長くする
  • 毛包を刺激しまつ毛を太くする
  • メラニンの生成を活性化させまつ毛の色を濃くする

 

臨床実験では長さが25%、密度は106%、色の濃さは18%上昇するという結果が出ており、使用後16週間で長さ、密度、濃さともに改善したという方は全体の8割にも上るのです。

 

ケアプロストの使用方法

 

使用方法は、夜にスキンケアをした後、まつ毛の際に少量を塗るだけです。アイライナーのようにまつ毛の根元に馴染ませれば完了です。使用する際にはコンタクトレンズは必ず外してください。

 

ケアプロストの副作用

 

副作用としては色素沈着が挙げられます。万が一色素沈着の症状が現れても使用を3日ほど控えれば色素は元に戻るので特に心配はいりません。 また、まれにドライアイの症状を引き起こす場合もありますが使用を控えたり制限したりすることで改善されます。

 

もともと緑内障の薬として処方されていたものなので心配はありませんが、あくまで眼圧を下げる薬だということは忘れないようにしましょう。そして効果が大きいぶん、瞼以外に塗るとその部分の毛が濃くなるという例もありますので塗り過ぎには注意してください。

 

ケアプロストはまつ毛を伸ばすだけでなく、密度や濃さにまで効果のある理想のまつ毛育毛剤なのです。