まつげ育毛剤 ルミガン

 

ルミガンはFDA(米国食品医薬品局)によって医薬品として許可された世界で初めてのまつ毛育毛剤、ラティースの販売元であるアラガン社で販売されています。成分や効果もまったく同じ商品なのです。

 

ではルミガンとラティースは何が違うのかというと、ルミガンにはたった一つ、アプリケーター(アイブラシ)が付いていないという違いがあります。ビマトプロスト(緑内障治療に使われる成分)は同じであるため、効果や効能に違いはありません。

 

 

まつ毛育毛剤を使ってみたいけれど、コストの面でどうしても難しい…と諦めていた方にもおすすめです。

 

 

もともとルミガンは緑内障治療の目薬として発売されていたのですが、まつ毛の長さは25%、密度は106%。色の濃さは18%もアップしまつ毛の育毛を促進させる効果がみられたため、更なる研究を重ねまつ毛育毛剤として販売されるようになりました。

 

ルミガンはまつ毛の成長期を延長し、まつ毛を伸ばしたり本数を増やしたりする効果があります。 アメリカでは抗がん剤の副作用によりまつ毛を失った方にルミガンを処方したりしています。

 

使用方法は、毎晩ルミガンを上まつ毛の際に1滴塗るだけです。 もしくは先の細いアイブラシに垂らし、アイラインを引くように塗ってください。

 

 

万が一ルミガンを使用した後に目のかゆみや充血、球色に変化が出た場合はすぐに使用を中止し、医師の診察を受けてください。 ただルミガンは目薬として使用されるものですので、成分的にも安心です。

 

 

ルミガンは繰り返すビューラーやパーマによりまつ毛が傷んでしまっている方、また他の専用育毛剤では効果を実感できなかった方におすすめです。

 

ルミガンの使用方法について

 

ルミガンの使用方法も至ってシンプルなものでした。

 

1日1回夜だけ、スキンケアなどのあとに、一滴落としたルミガンをまつげの付け根につけておくだけ。ただ、ルミガンの場合は専用チップ的なものは付いていないので、 付け根にルミガンをつけるための道具を別に用意する必要があります。

 

ルミガンを入手する際には、専用のアプリケーターをセット購入することもできるので、そちらを利用してみても良いでしょうね。あとルミガンの場合は、使用するのは上まつげだけのようです。成分が強いので、目を閉じた時に上まつげについた分が下まつげにつくだけで十分みたいです。