ルミガンの効果と副作用について

 

ルミガンは医薬成分でできてますので、まつげ育毛剤としての効果も高く得られると言われています。ただその分、抱えないといけないリスクとなるのが副作用です。

 

ルミガンの副作用として有名なのが、 色素沈着。まつげを濃く見えさせるだけあって、皮膚についてしまっても色素沈着の恐れがある訳ですね。

 

また、専用アプリケーターなどを使用していても誤って目に入ってしまえば、かゆみや充血などの原因にもなってしまうようです。元々は目薬として使われていたものではありますが、まつげ育毛剤として利用する以上、副作用を起こさないためにも目には入らないよう特に注意を払った方が良さそうです。

 

まつげ育毛剤「ルミガン」について

 

ルミガンは元々、緑内障の治療薬として使われていた医薬品として有名です。緑内障目的で使用していた人達のまつげが長く伸び、濃くなることがわかってから、まつげ育毛剤としても名を広げることになったようです。

 

まつげが太く濃くなるってことは、その分見た目もハッキリとした目元になれるってことですから、注目度が上がるのもわかる気がします。

 

ルミガンの口コミ比較

 

悪い口コミ

  • 目が充血するようになってしまった。
  • アイシャドウのような色素沈着が気になるようになった。
  • 塗るのに慎重さが必要なのが面倒。

 

ルミガンの場合は、良い口コミと合わせて 副作用についても書かれているものが目立ちました。やっぱり目のかゆみなどは、どうしても感じてしまうところなのでしょうか...。

 

普通に使ってれば、多少は目に入ってしまいます。もちろん、感じ方はそれぞれとは思いますが...。ただ、色素沈着はちょっと困りものかなと思います。アイシャドウくらいにお洒落なものならまだいいのでしょうけど。

 

良い口コミ

  • まつげの色が濃くなってきた。
  • 太くなってきたのかマスカラをつけなくても良くなってきた。
  • まつげを触ってみてもバサバサと増えたのを実感できる。

 

良い口コミには、 濃さや太さが増したって声が本当に多かったように思います。中にはマスカラをいつも通りつけてしまうと、なんだかお人形さんみたいになる!といった口コミも見かけました。それだけ、しっかり生えてくるってことなのでしょう。