menu

まつ育とまつげ美容液

ラティースの使用をやめるとまつ毛がダメになる?

Pocket

ラティースを使用するとまつ毛の成長を促進することができると言われています。
では、まつ毛美容液の使用をやめると、まつ毛の成長はストップしてしまうのでしょうか。

確かに、栄養がスムーズに補給されなくなるので元に戻ってしまいます。
生え変わるサイクルも戻ってしまいますので、まつ毛の長さも戻るのです。
まつ毛というのは3週間から4週間程度で生え変わりますので、使用をやめると元に戻ってしまうのです。

まつ毛育毛剤などを使用してまつ毛が一時的に伸びたからと使用を中断して、そのまま成長が続くというのはないでしょう。
まつ毛が抜けて生えてくるサイクルというのは短いので、やめると早い段階でもとに戻るのです。

まつ毛のボリュームを維持したいのであれば、やはりまつ毛美容液を塗り続けるということが重要なのです。
せっかく伸びたのに勿体無いものの、使い続けるというのは面倒でお金もかかると思われるかもしれません。

そこで、これまで塗っていたものを2日から3日に一度程度塗る、というようにしてみてはどうでしょうか。
それでも十分に長さを維持することができますし、費用も安くて手間もかなり少なくてすむはずです。

長期的に続けるうえでも負担を小さくできますよ。

 

ラティースでボリュームアップ!

まつ毛が短かったり、ボリュームが少ないことによってコンプレックスを持っている方は多いでしょう。
まつ毛が短い場合や、ボリュームが少ないと目の大きさが強調されないだけでなく小さく見えてしまいます。

目が小さく見えることによって目元の印象が全体的にぼやけてしまいます。
そして目に元気が感じられなくなってしまうこともあるのです。
そのため、目元というのは可愛らしく演出したいものですよね。

そんな時にビューラーやマスカラが役立つのですが、まつ毛が短いとそれらを使用するのも大変です。
まつ毛の短い女性というのは、メイクでまつ毛を長くするのもまた大変なのです。

無意識のうちに人のまつ毛と自分のまつ毛を比較してしまったり、少しでもまつ毛を長くするためにメイクを濃くしてしまう、ということもあります。
メイクを濃くしてしまうと、クレンジングの際により念入りに落とさなけえればなりません。

メイクを念入りに落とそうとすると、お肌にかかる負担が大きくなってしまいます。
そしてまつ毛がちぎれてしまったり、デメリットが大きくなるのです。

そのため、まつ毛が短くて困っているのであれば、ラティースを使用するなどして、自分のまつ毛をボリュームアップすることが大切です。

 

まつ毛を育てるラティースって?

まつ毛育毛剤やまつ毛美容液というのは、まつ毛を効率よく長くできるアイテムです。
しかし、まつ毛育毛剤や美容液を使用するうえでの注意点としては、まず説明書を何度も読む、ということです。

オリジナルの使い方をしてしまうと、副作用が出てしまうこともあります。
まつ毛育毛剤の基本として、メイクをきれいに落としてから使用をするということです。

マスカラなどのアイメイクが残ってしまっていると、アイメイクの成分がラティースなどのまつ毛美容液にが溶け込んでしまいます。
そうなると、まつ毛美容液や育毛剤の効果が半減してしまうことになります。

また、まつ毛育毛剤の効果を高めるためには、クレンジングや洗顔をした直後に使用すべきです。
まつ毛育毛剤を使用するときにはケアする順番を必ず守ってください。

そして、まつ毛育毛剤を使用するのであれば、継続することが欠かせません。
断続的になるとまつ毛育毛剤によってせっかく状態が良くなっているにも関わらず十分に効果を発揮できなくなるからです。

普段の生活の中で継続をして、しっかりと使用し続けることで初めてまつ毛育毛剤としての効果を高めることができますので、しっかりと実践してみてください。

 

ラティースでまつ毛のダメージをケア

まつ毛が抜ける原因というのはどういったものがあるかご存知でしょうか。
まつ毛というのは髪の毛と同様に毛周期によって成長、生え変わりを何度も繰り返しています。

そのため、まつ毛は普通の状態でも時が来れば落ちてしまうわけです。
人間の毛というのはある程度成長をすると最後は退行期を迎えて、結果的に抜け落ちてしまうことになっています。

そして休止期と呼ばれるまつ毛の生える新しい準備段階になります。
このサイクルを毛周期と呼んでいるのです。

毛周期には個人差がありますが、健康なまつ毛よりも成長期が長くなる傾向にあります。
では、まつ毛のお手入れはどのように行うべきなのでしょうか。

ビューラーを使用する人も多いと思いますが、ビューラーはまつ毛に酷くダメージを与えてしまいます。
そのため、ビューラーを何度も何度もカールさせたり、力を入れて挟むとまつ毛が酷いダメージを受けてしまうようになります。
まつ毛カーラー、まつ毛パーマと同じことです。

また、まつ毛メイクはクレンジングできれいに除去します。
そうしなければまつ毛のダメージがどんどん酷くなります。

そのため、ダメージを受けているまつ毛はラティースを使用するなどしてケアするようにしましょう。

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728