menu

まつ育とまつげ美容液

リバイタラッシュアドバンスの塗る場所

Pocket

リバイタラッシュアドバンスの塗る場所は1つじゃない! 

肌に負担をかけずに、まつげを伸ばせるということで人気の、「リバイタラッシュアドバンス」。なんでも、他大半のまつげ美容液はまつげ育成成分として、ビマトプロストと言う化学成分が配合されているところ、リバイタラッシュアドバンスはパンテノールという水溶性ビタミンが配合されているため、肌にとても優しいそうです。

そのため、長期間に渡り使い続けても、皮膚に赤みや痒みが生じたり、色素沈着ができたりせずに済むのだとか。まつげ美容液は、発毛や育毛の効果が出てからもその状態を維持することを考えると、半永久的に塗り続けなければいけませんから、これは有り難いと思います。

そのため、まつげ美容液をまつげの生え際以外に塗る人も多いそうです。具体的には、眉毛ですね。パンテノールはまつげだけでなく、体毛を生み出す毛母細胞全般を活性化させる効能を持つため、眉毛の部分に塗っても眉毛を増やしたり伸ばしたりできるみたいです。

また、ビマトプロスト系まつげ美容液だと、塗った部分に色素沈着等が生じてしまうため、無闇にまつげの生え際以外に塗ることはできませんでしたが、リバイタラッシュならその心配もありません。そのため、リバイタラッシュを使えば、安全に理想の眉毛を手に入れられるそうです。

リバイタラッシュをまつげに塗るのは違う!?

 

「リバイタラッシュ」は、3.5mlにつき13000以上する、超高級まつげ美容液です。まつげ美容液は、効果が出た後もその状態を維持するために長期間塗り続けなければいけないことを考えると、なるべく大事に使いたいところですね。しかし、実際は間違った塗り方をして、リバイタラッシュを無駄にしてしまっている人は、意外と多いそうです。

具体的には、リバイタラッシュをまつげに直接塗ってしまっているとかで。まつげ美容液というネーミングからすると、確かにまつげに直接塗るイメージが浮かびますが、実際それは違うみたいです。なぜなら、まつげ美容液は、皮膚下の毛母細胞を刺激することで、発毛や育毛効果をもたらしてくれるからです。

そのため、正しくはまつげではなく、まつげの生え際に塗るべきだそうです。かなり際どい部分のため、慣れる前は目に入ったり目尻に垂れたりと結構大変みたいです。また、こうした塗り場所の関係上、塗る量は本当に最小限に止めるのが無難とのことでした。

たくさん塗れば塗る程効果が出そうにも思えますが、大半が顔に垂れたり目に入ったりして、貴重なリバイタラッシュが無駄になってしまうだけですからね。このような点に気を付けて正しく使えば、リバイタラッシュは1回買っただけで半年くらい持つそうです。

リバイタラッシュなら目がかゆいことも無い! 

まつげ美容液を使う中で、目のかゆみに悩まされる人は意外と多いそうです。その原因は、まつげ育成成分として大半のまつげ美容液に配合されている、ビマトプロストにあるみたいです。具体的には、ビマトプロストは化学成分に分類されるため、粘膜に負担をかけてしまうのだとか。

また、ちょっとかゆいくらいなら良いのですが、場合によっては充血や結膜炎にまで発展することもあるそうです。まつげ美容液は、まつげに効果が出た後も、それを維持するために長期間に渡り塗り続ける必要があると聞きます。そうなると、上記のような不快感は少ないに越したことはありません。

そこで、目に負担がかからないまつげ美容液を探してみたところ、「リバイタラッシュ」というのがヒットしました。これなら、目に入ってもかゆくなることが少ないそうです。なぜなら、リバイタラッシュにはビマトプロストが含まれておらず、代わりにパンテノールという水溶性ビタミンがまつげ育成効果を担ってくれるからです。

そのため、まつげの生え際に塗る際に、誤って目に入ってしまっても問題無いそうです。また、まつげ育成成分を始め全体的に肌や粘膜に優しい作りとなっているため、安全性はまつげ美容液の中でもトップクラスとのことでした。

まつげ美容液「revitalash(リバイタラッシュ)」はなぜ高級?

まつげ美容液で古参のものとしては、「ルミガン」や「ケアプロスト」が挙げられると思います。どちらも、発売当初は話題をさらいましたが、最近では3mlにつき2000円ちょっとという値段で購入できるみたいです。意外とお手頃価格なんですね。

しかし、数あるまつげ美容液の中には、ルミガンやケアプロストとは比べものにならないくらい、高級なものもあります。それが、「revitalash(リバイタラッシュ)」。なんと、3.5mlにつき13000円以上するんです。まさか、同じまつげ美容液なのに、ここまで値段の差があるとは思いませんでした。

では、revitalashはなぜここまで高級なのでしょうか?調べたところ、まつげ育成成分に大きな違いがあると分かりました。具体的には、ルミガンやケアプロストを始めとする大半のまつげ美容液は、ビマトプロストという成分がまつげの育成を担うところ、revitalashはパンテノールという成分がそれに代わるみたいです。

そして、ビマトプロストは化学成分に分類される関係上、肌や粘膜に負担をかけ色素沈着や赤み、痒みなどの副作用を引き起こす一方、パンテノールは水溶性ビタミンのためそうした心配が無いのだとか。つまり、revitalashは使用上の安全性が保障されている分お値段も高いんですね。

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031