menu

まつ育とまつげ美容液

リバイタラッシュなら目やにも出ない!

Pocket

まつげ美容液を使用する中で、目やにの増加に悩まされる人は、一定数いるそうですね。すっぴんの時なら別に良いですが、化粧の時だと地味に困ります。しかし、まつげ美容液に含まれている、ビマトプロストという化学成分が、まつげを育成する反面、目の粘膜に負担をかけるため、目やにが増加するのもある程度は仕方ないのだとか。

ビマトプロストが、まつげを育成してくれる謂わばメインの成分ですから、そうなると目やにに我慢しながら使い続けるしかないのでしょうか?調べたところ、そのビマトプロストが配合されていないまつげ美容液がヒットしました。それは、アメリカで製造されているという「リバイタラッシュ」。

もちろん、単純にビマトプロストが入っていないだけではなく、ちゃんと代わりとなるまつげ育成成分も含まれています。詳しく言うと、パンテノールという成分がそれに当たるのですが、ビマトプロストと異なり化学成分ではなく、水溶性ビタミンという性質を持つため、目の粘膜に触れても刺激が少ないのだとか。

そのため、長期間に渡り使用し続けても、ビマトプロストが配合された他大半のまつげ美容液に比べ、目やにが出る可能性は格段に低いとのことでした。

リバイタラッシュ中止でまつげ抜ける!? 

超高級まつげ美容液として名高い、「リバイタラッシュ」。なんでも、3.5mlにつき13000円以上するそうです。それにもかかわらず、リバイタラッシュは人気の面でもトップクラスを誇ります。なぜなら、他大半のまつげ美容液と異なり、長期間に渡り使用しても色素沈着や痒み、目の充血や痛みといった、副作用が生じにくいからです。

詳しく言うと、リバイタラッシュに含まれているパンテノールという水溶性ビタミンである関係上、肌や粘膜に負担がかからないそうです。他大半のまつげ美容液には、まつげ育成のためにビマトプロストという化学成分が配合されていて、その刺激性が副作用を引き起こすと言われていますから、確かにリバイタラッシュは安全にまつげ育成効果を得られそうですね。

しかし、リバイタラッシュで無事まつげが伸びた後に使用を中止すると、せっかくのまつげが抜けてしまうみたいです。なんでも、パンテノールによる毛母細胞への刺激が無くなることで、まつげが保てなくなってしまうとかで。そのため、まつげが十分伸びた後も、2~3日に1回の頻度で、リバイタラッシュの塗布は続けるべきとのことでした。

ちなみに、リバイタラッシュの高級さから経済的負担が心配にもなりそうですが、1回買うと半年は使い続けられるため、実際はそこまで心配しなくて良いそうです。

リバイタラッシュを使ってもまつげが伸びない!?

まつげ美容液だと、最近では「リバイタラッシュ」が人気だそうです。なんでも、日本にも愛用者が数多くいるらしく、成分が全部国内で認可されて日本製のものまで作られる程なのだとか。リバイタラッシュは、3.5mlで13000円以上する超高級品ですが、その値段に見合う価値があるということですね。

しかし、一方で、リバイタラッシュを使用しているにもかかわらずまつげが伸びない、という声もネット上では多々見られます。せっかく13000円も出して買うのに、これでは経済的に損をするだけです。そこで、そうしたマイナス評価の真相を調べたところ…大半は使用ミスが原因と分かりました。

具体的には、リバイタラッシュは皮膚下の毛母細胞を刺激することでまつげ育成効果をもたらしてくれるところ、まつげ美容液という響きに囚われて、まつげの生え際ではなくまつげ本体に塗ってしまう人が、一定数いるのだとか。また、たくさん塗れば塗る程効果がありそうだからと、顔に垂れ落ちる程大量に塗って結局無駄にしているというケースも多いそうです。

確かに、これならせっかくのリバイタラッシュでも、効果は見込めなさそうですね。そのため、リバイタラッシュは使用方法や用量を守るのが重要とのことでした。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930