年齢によって変わるまつ毛デザイン

 

顔の印象を決める大切なパーツ、まつ毛によって人間は目ヂカラを手にすることができます。しかし目ヂカラと言っても、どの年齢も同じまつ毛のメイクが理想的なのではありません。年齢によって目の周りの強調したい部分、カバーしたい部分は変化していきますので、各年齢層に多くみられるデザインをまとめてみました。

 

10代

 

カリスマモデルを参考にしたギャルメイクが人気の10代は、下まつ毛を目よりも少し下につけ、垂れ目に見せる可愛いメイクが人気です。まつ毛は長さ・ボリュームともに重点が置かれ、ビューラーでくるんとカールし、目を出来るだけ大きく強調したまつ毛デザインが多く見受けられます。

 

ナチュラルにメイクしたい人には、アイメイクは、アイラインを粘膜にまで塗ってしまうと濃くなりすぎるかもしれません。濃い目のブラウンでまつ毛を繋げる感じで、できるだけ細く引くようにして、濃くなりすぎますので、下のまぶたには引かない方がベターです。

 

つけまつ毛やマスカラは敢えて使わず、ビューラーでカールさせることで目を大きく見せます。

 

20代

 

目尻に長さを出すことで大人らしさを出すこともでき、ボリュームもさることながら、長さに重点を置き、目尻にかけて長くするデザインが多く見られます。目ヂカラをつけるためにはアイメイクが必要ですが、あまり盛りすぎるとギャルっぽくなってしまいます。

 

ナチュラルにするにはやはり」ブラウンがおすすめで、アイラインをブラウン系で引いてみたり、アイシャドウでまぶたの際をグラデーションにすることで目がはっきりとしてきます。もし、目が一番引き締まって見えるからどうしても黒を使いたい、という人はアイライナーは太くならないように注意してください。

 

下まぶたにはベージュのアイラインや目頭のハイライトで、いわゆる涙袋を強調すると、ちょっとセクシーな目を演出できます。

 

30代

 

盛りメイクは若い女性の間で主流ですが、30代女性の武器は、大人の女性の艶っぽさです。アイシャドウは薄いピンクと目元部分のみにベージュをのせ、その上に軽く被るように薄いピンクをのせていきましょう。アイライナーはリキッドタイプとペンシルタイプの両方を使用し、リキッドタイプのアイライナーを上睫毛の間を埋める時に使用することにより、自然且つ目元をはっきり見せる効果があります。

 

まつ毛はマスカラでも付けまつげでも、ボリュームマスカラを使い、目尻にボリュームと長さが出るようにして、切れ長の目は大人のセクシーな目元を演出します。仕上げのビューラーも忘れずに使い、ボリューム・長さともにナチュラルな印象に仕上げます。

 

40代

 

若い女性を意識したメイクやファッションを真似するのではなく、トレンドを意識しつつ、自分の年齢の魅力を活かしたメイクをした女性は、若々しく見えるます。年齢と共に下がり気味になる目尻の印象をカバーするような、中心をカールさせ、瞼が引き上がって見える、アンチエイジングの要素をもったメイクが多く見られます。

 

目は大きく見せますが、あくまで自然で、大人の女性には正面から見る時の目ヂカラよりも、横から見たり伏し目がちな時の美しさを強調するのが一番のようです。また、敢えて垂れた眉尻と淡い色でホンワカ和み眉にする方法もあります。

 

眉尻は眉頭より高く描くのが一般的なセオリーですが、少し柔らかい顔立ちにするため、眉頭と同じ高さまで下げます。自然な色合いにする為に、明るい茶のアイブロウマスカラで眉の色合いを上げて優しい印象にすれば、大人かつ優しげな印象が得られるでしょう。

 

 

以上の文が証明するように10代20代は、とても派手で、まつ毛で目を飾るようなメイクが人気です。そして、年齢層が上がるにつれ、元のまつ毛の美しさを生かす自然なまつ毛デザインに変わり、年齢とともに衰える部分をカバーするメイクへと変わっていくようです。