リバイタラッシュアドバンスで副作用!?

 

リバイタラッシュアドバンスは、使用に伴う副作用の心配が無いことで有名だそうですね。具体的に言うと、長期間に渡って使用しても、目が痒くなったり充血したり、目尻に色素沈着ができたりする心配が無いんですね。そのため1.5mlで13200円とかなり値段は高級ですが、日本国内でもその需要は高いとのことでした。

 

しかし、口コミなどを見ていると、時々リバイタラッシュアドバンスを使ったのに、目尻に色素沈着ができてしまった、とか、目が充血して痒くなった、などの声が一定数存在します。リバイタラッシュアドバンスは、まつげ育成成分として、副作用の原因にもなってしまうビマトプロストの代わりに、そうした心配の無い水溶性ビタミンであるパンテノールを配合しているため、上記のような症状は生じないはずなのですが。

 

考えられる可能性は1つ。それは、リバイタラッシュアドバンスの偽物を掴まされたこと、です。リバイタラッシュアドバンスは前述した通りかなり高級な部類に入るため、そこに目をつけた悪徳業者が、中身だけ安いビマトプロスト系のまつげ美容液にすり替えて販売していることがあるそうなんです。そのため、リバイタラッシュアドバンスを使っているのに、やけに副作用の症状が気になる場合は、その危険があるので、直ちに使用を中止すべきとのことでした。

 

細くなったまつげにまつげ育毛剤

 

30代後半になると髪の毛の質も低下しますし、同時にまつげの質も低下してしまうようになります。
特にビューラーを根元からかけたとしてもまつげがアップしにくくなることもあります。
さらにまつげが短くなってしまったり、まつげがまばらになることもあります。

 

その原因としては、加齢によって血液の流れが悪くなってしまい、まつげ自体が細くなります。
血液がまつげの成長に必要な酸素、栄養素を運んでいます。
しかし、栄養分が十分に行き渡らなかればまつげはどんどん低下してしまいます。

 

さらにまつげメイクというのはまつげに非常に大きな負担をかけてしまうことがあります。
まつげメイクによって目元の印象を良くしようとしているにも関わらず、どんどん目元の印象は薄くなってしまうものなのです。

 

さらに、加齢でまぶたの筋力が低下してしまうと、目元の印象をよくするためにアイメイクに力を入れるようになります。
そうなればさらにまつげに負担がかかり悪循環となります。

 

そのため、アイメイクをしつつも、まつげ育毛剤を使用してまつげに必要な栄養素をしっかりと供給してあげることが重要になります。
毎日育毛剤に含まれる栄養素を与えることで、まつげもしっかりと成長することができるようになります。