妊娠中にリバイタラッシュはダメ? 

     

 

従来のビマトプロスト系のまつげ美容液と違い、色素沈着などの副作用が生じにくいということで人気を呼んでいる、リバイタラッシュ(ビマトプロストの代わりに、パンテノールという水溶性ビタミンが、まつげの育毛成分として含まれているそうです)。副作用、中でも特に色素沈着の心配が無いのは、確かに魅力的ですよね

 

しかし、妊娠中はリバイタラッシュの使用を、控えた方が良いとのことでした。これを聞いた時は、ものすごく驚きました。リバイタラッシュは化学成分であるビマトプロストが含まれている他まつげ美容液と異なり、身体に安全というイメージが強かったので。と言っても、妊娠中にリバイタラッシュを使用しないよう推奨されるのは、別に身体に危険だからという訳ではないそうです。じゃあなぜかと言うと、簡単な話、妊娠中にリバイタラッシュを使っても大丈夫、という証明が臨床実験でなされていないんですね(と言うか、被験体の条件が条件ですから、一生証明できないと思います)。

 

つまり、安全とは言い切れないため、一応使用は控えた方が良い、という感じなんですね。また、母体を通して胎児に何らかの影響が生じることも否定できないため、妊娠中だけでなく授乳中も一応気を付けた方が良いとのことでした。

 

長いまつげとまつげ育毛剤

 

長いまつげというのは、美しく見えるため女性にとっては誰しもが手に入れたいものだと思います。
マスカラ、ビューラーさらにはつけまつげなど、まつげを長くみせる方法というのは色々なものがあります。
最近ではまつげエクステというものもありますよね。

 

エクステと言えば髪の毛に使用することも多いのですが、まつげエクはまつげに使用するものです。
つけまつげのように違和感が残ることもありません。
ただし、このまつげエクステの効果は1ヶ月程度だといわれています。

 

お店の施術方法や寝癖といった色々な要素が関係して、まつげエクステの持続期間というのは異なります。
やはり出来ることであれば、自分のまつげをしっかりと長く、太くしたいものですよね。

 

そこで効果的なものとしてまつげ育毛剤があるのです。
このまつげ育毛剤を使用することによって、自分のまつげを効率よく長くすることができるのです。

 

つけまつげやエクステも良いのですが、自まつげに負担をかけてしまい、場合によってはつけまつげを外す時に自まつげをたくさん抜いてしまうこともあります。
そのため、まつげ育毛剤を使用することで、本当の意味でまつげを長く、そして印象的にすることができるんですよ。

 

目元の印象を良くしたい方は是非試してみてください。