リバイタラッシュでの色素沈着は治るの?

 

リバイタラッシュは、まつげ美容液の中でも高級な部類に入りますが、やはり副作用の危険は依然として存在するそうですね。口コミなどを調べてみると、まぶたや目尻に色素沈着ができてしまった、という声を一定数みかけます。

 

では、そうして色素沈着ができてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?個人的には、色素沈着は言ってしまえばシミですから、長期間美白クリームを塗り続けなければいけないのでは、と思ったのですが、実際はそんな難しいことではないみたいです。ではどうすれば良いのかと言うと、使用を中止して2か月程放置しておけば大抵の場合は改善するとのことでした。一応は治るみたいなので、とりあえずは安心しました。

 

しかし、せっかくまつげが伸びてきたのに、使用を中止しなくちゃいけないのは残念ですよね。それに、治るとは言え数か月間シミと付き合わなくちゃいけないのも面倒です。そうした声が多かったのか、最近では色素沈着などの副作用の原因となる、ビマトプロストが含まれていない、リバイタラッシュの改良バージョンが人気を呼んでいるそうです。色素沈着の心配が無いのは、確かに魅力的ですね。私も使ってみたいので、後でもっと調べてみます。

 

まつげのコンプレックスを解消

 

まつ毛が短いことにコンプレックスを持っている女性は非常に多いと思います。 インターネットで知恵袋などを見ると、まつ毛が短いことでコンプレックスを持っている女性が「まつ毛の育毛剤」について調べていたりします。

 

まつ毛が短いと目元の大きさを強調させにくく、目そのものが小さいように感じてしまいます。 そのせいで顔全体がパッとせず、目力が無く、瞳から元気を感じることのできない印象になってしまいます。

 

出来ることなら女性はいつまでも魅力的に、そして可愛らしく見られたいものです。そこで、多くの方がビューラーやマスカラを使ってメイクすると思いますが、まつ毛自体が短いとうまくカールさせることができず、思ったように目を大きく見せることができません。

 

さらに目元の印象だけでなく、まつ毛が短いということはゴミや埃が入り込みやすく、眼球を傷付けやすいという大きなデメリットがあります。

 

では、まつ毛が短い女性はまつ毛の長い女性に対してどのように思うのでしょうか?

 

「うわぁ。そんなにまつ毛が長くていいなぁ。」

 

「そんなことないよ。」 こういった会話を良く耳にします。

 

まつ毛が長いことを褒め、羨む言動。

 

これは大抵の場合、まつ毛の短い女性が長い女性に対しておこないます。 まつ毛が短いことに対してコンプレックスを抱かない女性ももちろんいますのですべての女性に該当はしませんが、コンプレックスがある部分というのは、他人のその部分がより強調して見えるものです。

 

そのため無意識のうちに、どうしても他人のまつ毛と自分のものと比べてしまいがちなのです。 まつ毛の短い女性ほど、まつ毛が長く魅力的で可愛らしく見られたいという気持ちが強く、それがコンプレックスとなって出てくるのではないでしょうか。

 

なので、長いまつ毛の女性を見ると、言葉にはしないまでもとても羨ましく、自分もあんなまつ毛になりたいという欲求や憧れを持つようになるのです。こういったことから「まつげの育毛剤」という自分のまつ毛を上手に育て、伸ばしていく方法に興味が湧くのではないでしょうか。