リバイタラッシュは改良されたそうです

 

リバイタラッシュと言えば、まつげ美容液の中でもかなり高級な部類に入るそうですね。実際に調べてみると、2mlで10000円弱していました。確かにこれは高いですね。

 

ただ、そうした値段の分、高いまつげ育成効果も期待できるらしく、日本でも当初予定されていた2倍の数が売れたとのことでした。

 

また、最近ではリバイタラッシュではなく、その改良バージョンが更に人気を呼んでいるそうなんです。その名も、リバイタラッシュアドバンス(改良されたという意味で語尾にアドバンスとついているんですね)。

 

なんでも、高いまつげ育成効果はそのままに、色素沈着、目の痒みや充血、肌への刺激感などと言った、副作用の危険が無くなったという点が最大の魅力なのだとか。

 

でも、上記の副作用は、まつげ美容液とは切ってもきれないものですよね。まつげ育成成分であるビマトプロストが、同時にその副作用の原因でもありますから。

 

しかし、リバイタラッシュアドバンスには、ビマトプロストの代わりに、パンテノールという水溶性ビタミンが、まつげ育成成分として配合されているため、根本からそうした副作用の危険が除去されているみたいです。これは嬉しい改良ですね。私も機会があれば使ってみたいです。

 

まつげのトラブルとまつげ育毛剤

 

まつげのトラブルというのも最近増えてきているみたいですね。

 

まずはつけまつげです。

 

つけまつげといえばギャルが使っているというイメージでしたが、最近ではOLなども使っているそうです。

 

それから中学生で、メイクしていなくてもつけまつげは使っているというのもあるみたいです。

 

誰でも使うことができるつけまつげですが、まぶたが垂れてくるというトラブルがあるそうです。

 

 

まぶたというのは他の部分と比べて皮膚が薄いんです。

 

それなのに、マスカラやつけまつげなどでダメージを与えると、まぶたにも大きな負担がかかります。

 

まぶたに多大なる負担がかかり続けると、たるんだりすることもあるみたいですよ。

 

それからまつげエクステのトラブルも増えているみたいです。

 

まつげをつける際に使う接着剤が目に入ったりして、結膜炎になったりする場合もあるそうです。

 

それからまつげが刺さってしまい失明することもあるようです。

 

また、資格が無い人が施術するというトラブルも増えているそうです。

 

失明してからでは遅いので、安いからといってまつげエクステをする店舗を選ばないようにしてくださいね。

 

自宅で簡単にまつげを伸ばしたいのであれば、まつげ育毛剤が手軽だと思います。

 

マスカラみたいに塗るだけですからね。